あいころまんじゅう

2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 撮影・掲載誌など
CATEGORY ≫ 撮影・掲載誌など
       次ページ ≫

かき撮影

IMG_9508.jpg

昨日は、ちょこっとの撮影。

かきごはん、かきフライを作りました。
シマコウくん、
かきはほぼ食べたことがないらしく、
食べられるのか心配だったのですが、
ごはんもフライも、
「うまい〜!」と気に入った様子。
ごはんも大盛りでお代わりして、すごい食べっぷり。
若いっていいな〜!笑

かきごはんは、味付けが最高においしいと、
私は思っています。(自画自賛)
かきフライは、衣がガリッと
サクサクに仕上がります。
学校から帰ってきた子どもたちも
おやつに、かきフライガツガツ食べてました!

ちょこっと2月号に掲載です。
かきの下ごしらえなども紹介します。
どうぞお楽しみ〜。

IMG_9500.jpg 

さて、雪降りましたね〜。
撮影後、今年初めての本気雪かきしました。
夫、長男、次男と私の4人がかりで30分位。
いい汗かきました。
20cmは積もったかな。
寒さも半端ない。
今日は最高気温−5℃。
おでん、ぐれチュー、
あったかい汁物を順に食べる予定。

本日のお教室、
寒いですが、お部屋はあたたかくしております。
お気をつけていらして下さい。
お待ちしています♪

ちょこっと12月号!

IMG_9354.jpg

届きました!

12月のテーマ食材は、鶏肉
道産の鶏肉、おいしいですよね。

今回の私の担当はこちら。

「男子大学生、料理を習う」

IMG_9350.jpg 

まずは、鶏肉の下ごしらえとして
もも肉の脂肪のとり方をしっかりと。

料理は、
・基本の鶏のから揚げ
・秋田のきりたんぽ

の2品を紹介しています。

鶏のから揚げは、私が一番好きな味付け、揚げ方。
好みはいろいろあると思いますが、
味が決まっていない方は、
ぜひお試し下さい。
外側カリッと、中はジューシー、
味も少ない調味料でばっちり決まります!

そしてきりたんぽ。
誌面に登場するシマコウくんの故郷、秋田の名物です。
秋から冬にかけて、毎週土曜日はきりたんぽだったそうで、
お母さまの作るきりたんぽのことを語りだすと
止まらないシマコウくん。
母の味、なのですね。
うちだと多分キムチ鍋(笑)
すでに4回も作って、
我が家でも大人気のきりたんぽ。
鶏ガラでスープをとるのがポイント。
間違いない味です♪そろそろ食べたくなってきた。

他にも、鶏肉料理が満載です。
クリスマスを意識したものも多いですよ。
12月1日から
コープさっぽろ各店店舗で配布中。
お見逃しなく!

根室行ってきました!

IMG_9205.jpg

伝統食の取材で、
日本最東端、根室へ。

電車で小樽から10時間!
さすがに疲れましたが、
苦労して行った価値ある取材となりました。

教わったのは
根室の浜の母さん直伝、マスのはさみ漬け。
厚めに切った干し大根に、
塩漬けのマスをはさんで、
野菜、麹、砂糖、酒と一緒に漬け込みます。
最後はぎゅっぎゅと押して。

IMG_9147.jpg

実はまだ一度も食べたことがないはさみ漬け。
出来上がりが待ち遠しい。
根室の人たちはこのはさみ漬けが大好きで大好きで
胃を壊すほど食べちゃうんだとか。

浜の母さんたち(漁師の奥さまがた)との
おしゃべりもとっても楽しかった。
気さくな方ばかり。
話もすごく面白い。
みなさん、爪にしっかりマニキュアを塗って
とってもきれいな手をされていました。
「ぼろぼろになって仕事するから、
この位おしゃれしなくちゃ」だそうです。
シワシワで何も塗っていない私の手をそっと隠したくなりました。(笑)

運良く納沙布岬へも行くことができました。

IMG_9214.jpg 

正真正銘、日本の最東端。
遠くには北方領土、しっかり見えました。
この辺りはとてもいい昆布が取れる場所なんだとか。

納沙布岬から帰る途中の夕焼け

IMG_9226.jpg 

寒いので車の中から。
4時位でもう日没でした。

おいしいものもしっかり食べました。
名物エスカロップ

IMG_9182.jpg 

スタミナライス

IMG_9181.jpg

どちらも、分厚いとんかつが入っています。
手早くがっつり食べたいという漁師町ならではのB級グルメ。
ボリュームがあってとってもおいしかった♪

今回の取材で、
根室の魚のすばらしさがよく分かりました。
さんまと鮭だけじゃない。
昆布、ホッキ、うになどなど種類も数もすごい。
漁協が4つもあるのにもびっくり。
また絶対訪れたい場所になりました。
取材したいテーマもまだまだある。
お世話になった根室のみなさま、
ありがとうございます!!

週末いろいろ

IMG_8307.jpg

週末いろいろありすぎて・・。
まずは木曜日は、私の誕生日。
今年はマリー・ローランサンのブルーベリータルト。
ずっとずっと食べたかった噂のタルト。

IMG_8317.jpg 

激ウマ。タルトのイメージが変わるおいしさ。
タルト生地がぱらぱらで甘くないのがいい。
生クリームもカスタードクリームも
驚くほどすっきりしていて
こんなにこってりなケーキなのに後味がさわやか♪

三男のバースデーカード

IMG_8394.jpg 

素朴でいいな〜5才児!
ずっぽり40代。しっかりしないとですね。

金曜日はオントナ撮影。

IMG_8302.jpg 

りんごとヨーグルトのケーキを試食中。
生クリーム、ブラックベリージャムをのせて。
お教室の半分サイズで、バットで焼きました!
12月の毎週水曜日掲載されます!

土曜日は、保育園のおゆうぎ会

IMG_8383.jpg 

三男は、「マイネーム イズ カウボーイ」というお遊戯。
うれしくて帰り道も衣装を着ています。
遠くで次男が立ちション・・。ダメですね。
こんな短パンでも歩けるほどあたたかい日でした。
お遊戯も、それなりにやってました!

日曜日、伝統食の取材。

IMG_8578.jpg

自宅のガレージでやる焼き鳥会を取材しました。

IMG_8603.jpg

うちの家族も合わせて総勢18名、
盛り上がりました!
北海道の焼き鳥は、ねぎじゃなく玉ねぎがはさまってる。
でも甘くておいしい♪
来年のどこかで、ちょこっとに掲載予定。
自宅でも楽しめる本格焼き鳥。
お楽しみに!

今週も始まりました。
なかなか寒くならなくて拍子抜けですが、
いつ寒さが来てもいいように、
準備したいと思います。
今週も元気にがんばります!

ちょこっと11月号!

IMG_8171.jpg 

届きました!
11月のテーマは、玉ねぎ。
北海道は玉ねぎの一大産地です。
料理には欠かせない、縁の下の力持ちな存在、
だと私は思っています。

今回の私の担当は2つ。
1つ目は、「男子大学生、料理を習う!」

IMG_8173.jpg 

玉ねぎの皮のむき方から、
涙の出にくいみじん切り、切り方による味の違いなど
くわし〜く載せています。

料理は、
・基本のハンバーグ
・オニオンスライスのごまポン酢

の2品。ハンバーグは、簡単だけどコツがいっぱい。
この通り作ればきっとうまくいきます。
オニオンスライスは、
水にさらす時間は最小限で
辛さをおさえて作ります。
ごまポン酢も簡単でおいしい、オススメですよ。

もう一つ、
北海道の伝統食を紹介する、
「伝えたい味、伝えたい心」

IMG_8175.jpg

今回の料理は、「飯寿司(いずし)」!
私が取材した数々の伝統食の中で
一番手間と時間がかかります。
でも、他にはない奥深い味わいなのです。
取材したのは、昨年12月。
大きなお風呂のような桶で
ごはんを混ぜていたのが印象的。
それでも全盛期に比べたら笑っちゃう量だそうで・・。
そもそも、たくさん獲れる魚を何とかして
保存してその後も食べるための料理。
冷蔵庫がある今、その必要性はないけれど、
この技術何とか受け継いでいってほしい。
このページがその手助けになれば嬉しいです。

ちょこっと11月号、
1日より、コープさっぽろ各店舗で配布中です。
お見逃しなく!

鶏肉撮影!

IMG_7648.jpg

昨日は、ちょこっとの撮影。
テーマが鶏肉ということで
定番の鶏のからあげを作りました。

写真は試食風景。
塩にぎりとほうじ茶と一緒に。
揚げたてのから揚げ、おいしかった♪
からあげは簡単なようで
コツがいっぱいです。
たくさん試作していきついた配合と揚げ方。
あの小さな誌面で伝えきれるかどうか。
がんばります!

もう一品は、
秋田の郷土料理、きりたんぽ。

IMG_7653 2 

シマコウくんが秋田出身ということで、
お母さま直伝のレシピを
教わりました!
頂いたレシピ通り再現してみました。

きりたんぽも、ごはんを炊いて手作り。

IMG_7651.jpg

秋田では手作りするひとはほとんどいないらしいですが、
手作り、おいしいです。
我が家はきりたんぽにすっかりはまってしまい、
今季、もう3度も食べています。
丁寧に鶏ガラスープをとって、
鶏もも肉が入っています。
ごぼうや、里いも、まいたけ、ねぎ、
野菜もたっぷり。たまらない味です。

掲載はちょこっと12月号です。
どうぞお楽しみに!

ちょこっと10月号

IMG_7480.jpg

届きました!
今回のテーマは、ホッキ

北海道に住むまで
なじみのなかったホッキですが、
こちらでは、刺し身や炊き込みごはん、カレーの具として定番。
私もすっかりそのおいしさにハマりました。
さばくのも最初はおっかなびっくりでしたが、
慣れるととっても簡単ですよ!

今回の私の担当は、
男子大学生、料理を習う!

IMG_7484_20181003112717adf.jpg 

・ホッキのお刺身
・ホッキカレー

の2品を紹介しました。

お刺身の基本として、
パックの刺し身のおいしそうな盛り方も。
今回は、ちょこっとのうつわページの担当さんから
刺し身にぴったりと進められた器に盛りました。
うつわ担当の方から、
黒くて丸いお皿は、どんな刺し身をのせても決まる!とのこと。
確かに!黒っぽいお皿は刺し身がおいしそうに見える!
そのあたりをまとめてあります。
ぜひご参考に!

お刺身は、さばいたホッキを
まな板にパ〜ンっと打ち付けるのがポイント。
これで歯ごたえよくなるのです。

ホッキのカレーは激ウマです。
ぜいたくな、と思われるかもしれませんが、
北海道の海沿いで育った方は、
カレーといえば肉じゃなくホッキやホタテが
どっさり入るのが普通だったそうです。
土地柄ですね。

今回、ホッキがテーマということで、
撮影前に、家族で苫小牧まで
ホッキカレーを食べに行ってきました。
ホッキの資料館など
地元のホッキ愛もすばらしかった♪
ますますホッキを身近に感じました!

刺し身とカレー、
どちらもホッキの大定番です。
お試しくださいませ。

すでに10月1日より、
コープさっぽろ各店店舗で配布が
始まっています。
どうぞお見逃しなく!

オントナ・エスニック

スキャン

道新の夕刊折り込み紙、オントナの連載。
4週目はエスニックです。

・キャベツのチャンプルー
・もずくと豆腐のスープ

の2品をご紹介しました。

チャンプルーは、
お教室の人気メニュー、ゴーヤーチャンプルーを
キャベツで作ってみました。
子どもたちもゴーヤーより食べやすいようで、
我が家ではすっかり定番です。
もやしでもおいしいですよ!
もずくのスープは、簡単で栄養たっぷり、
チャンプルーとの相性もばっちりです。
ぜひ一緒に作ってみてください。

これで、今月のオントナの連載は終了。
次回は12月です。お楽しみに♪

オントナ・中華

スキャン 1

道新の夕刊折り込み紙、オントナの連載。
3週目は中華です。

・牛肉とセロリとたけのこのチャーハン
・ぷるぷる杏仁

の2品をご紹介しました。

チャーハンは、セロリの食感、香りが最高、
セロリ好きにはたまらないチャーハンです。
チャーハンの味がマンネリ化している方
ぜひお試しを。
杏仁は、ゼラチンを使ったぷるぷるタイプ。
きび砂糖のシロップがポイントです。

来週水曜日はエスニックです。お楽しみに♪

オントナ・洋食

スキャン 1

道新の夕刊折り込み紙、オントナの連載。
2週目は洋食です。

・秋鮭のアクアパッツア
・とうもろこしとかぼちゃのスープ

の2品をご紹介しました。

秋鮭に、とうきび、かぼちゃ、ミニトマトもまだまだある、
今が旬のものばかり。
スープは、ミキサーを使わないので
とっても簡単です。
ぜひお試しを!

来週水曜日は中華です。お楽しみに♪

プロフィール

aikoromanju

Author:aikoromanju
こぐれあいこ

料理教室まめまめキッチン主宰
北海道小樽市在住
好きなこと:保存食作り

バックナンバー
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ