あいころまんじゅう

2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOPその他 ≫ にしん漬け見学会

にしん漬け見学会

にしん漬け漬ける

昨日、厚別へ
にしん漬けを漬けるところを見せてもらってきました!

いつもは出張レッスンでお世話になっている方の
お宅にて、
にしん漬け、たくあん漬け、白菜漬けを漬けました。

一番興味深かったにしん漬け。
ちょこっとでは簡単にしん漬けを紹介しましたが、
本格的は樽で漬けるのを見るのは初めてです。

作るタイミングは、
大根が干ささった頃。
こちらでは自然にある状態になることを「〇〇さる」と言います。
使い始めるとなかなか便利な言葉です。

下準備はお母さん、
漬けるのは微妙な塩加減があるからと
漬物好きなお父さんの役割だそうで
お2人仲良く漬けていらっしゃいました!

塩加減は長年の経験と勘。
40年作ってるけど塩の重さとか
計ったことはないとのこと。
これはある意味ハードル高いです!!

ニ斗樽に、
にしん漬けの材料がみるみるうちに
だんだんに重なって詰め込まれ
最後は上からぎゅうぎゅう押します。
ここで連れて行った次男登場。

にしん漬けきゅう

ちょうど子供の重さがいいんだとかで
大喜びでふみふみしてました!

後は落とし蓋をして重しを乗せて、
床下の保管庫へ。
どんなに寒くても凍らない
1年を通して温度が一定に保たれる場所
だそうです。

室にしまう

うちにもこんな場所があったらな〜。

白菜漬け

白菜漬け漬ける

たくあん漬け

たくあん漬ける

あっという間に3樽漬け上がり、
お見事でした!
メモをとるのに必死で
ほとんど手伝えずすみません。
にしん漬け作りが見たい!という私の希望を
かなえて下さって
本当にありがとうございます!
私も来年は
今回習ったことを生かして樽で漬けたいと思います。

雪も相変わらず降り続いています。

窓から見るお庭もこんな感じで
畑をやっていた頃の面影は一切ありません。

窓からの雪景色

木にも灯油タンクにもどっかり

玄関の木の雪

12月の初めからこれだと
この先が思いやられますが、
がんばります!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

aikoromanju

Author:aikoromanju
こぐれあいこ

料理教室まめまめキッチン主宰
北海道小樽市在住
好きなこと:保存食作り

バックナンバー
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ