あいころまんじゅう

2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 撮影・掲載誌など
CATEGORY ≫ 撮影・掲載誌など

パプリカ撮影!

IMG_3705 のコピー

昨日は、ちょこっと、×大学生の撮影。
テーマ食材はパプリカ。

・2色パプリカのマリネ
・プルコギ

の2品を作りました。
4月号から出てもらっているシマコウくん、
2人分のプルコギで
なんとごはん5杯平らげました〜。
いや〜、若い人の食欲って
こんなにすごいんだ!っとびっくり。
うちの3人もこんなに食べるようになるのか〜っと
不安になったり。
でもいいもんですね、おいしいおいしいって
食べてくれるって。
毎回、母の気持ちで臨んでいます。
まだ19歳ですから!

撮影後の窓からの景色

IMG_3714 のコピー

朝は濃霧だったのに、
撮影中にどんどん晴れてきて青空も見えてきました。

パプリカの料理は、
ちょこっと7月号の掲載です。
どうぞお楽しみに♪

ちょこっと5月号!

IMG_3458.jpg

届きました!

5月号のテーマは「卵」
みんなが大好き!値段も安定している卵は、
本当にうれしい食材です。
そんな卵を使ったレシピが満載の1冊。

今回の私の担当は2つ。

1つ目は、「男子大学生料理を習う!」

IMG_3455.jpg

・ツルリとむけるゆで卵の作り方
・半熟煮卵
・ふわとろオムライス

の3品をご紹介しました!
ゆで卵は、この通りに作れば
まず薄皮がひっついてボロボロに
なんてことになりません。
おでんや煮卵は特にきれいに作りたいですよね。
ぜひご参考に!

オムライスは、シマコウくんが
気に入ってくれて、この後1週間作り続けたそう。
返すときのフライパンの持ち方がポイント。

もう一つは、
北海道の伝統食をご紹介する
「伝えたい味、伝えたい心」

IMG_3457.jpg 

農家の冬の手仕事だった
手作り豆腐をご紹介しました。
できたての豆腐のおいしいこと!
豆腐大好きの私にとって感激の取材でした。
できたて豆腐はしょうゆでなく
塩で食べる方がおいしいのも新鮮な発見でした。
すでに何度も自宅で作っています。
意外に時間はかからないのもうれしい。
豆腐作りに興味がある方、
ぜひチェックしてみてください。

すでに5月1日より、
コープさっぽろ各店舗で配布が始まっています。
お見逃しなく!

さくらんぼ撮影

さくらんぼ撮影

週明けは、ちょこっとの撮影からスタート!

テーマはさくらんぼ。
赤くてかわいいさくらんぼを使って、
ジャムの作り方、ジャムを使ったピザを作りました。

さくらんぼジャム 


ジャムにあがり 

まだまだ出始めなので
かなり高価なジャムとなりました!

さくらんぼの季節が待ち遠しい。
ちょこっと6月の掲載です。
どうぞお楽しみに~!

ちょこっと4月号!

届きました!

表紙 

4月号のテーマは「あさり」
道産のあさりは大きい!
これがこっちに来てからの印象。
まだまだ旬のあさり。栄養もいっぱいです。

4月号の私の担当は、新コーナー
男子大学生、料理を習う!

×大学生 

酪農学園大2年生の男子シマコウくんが
4月号から登場!。
栄養士コースに通うシマコウくんは、
料理が大好きな、礼儀正しい男の子です。
1年間、よろしくお願いします。

今回ご紹介したのは、
・ジャリッとしないあさりの砂抜き法
菜の花とあさりのボンゴレ
・あさりのフライパンパエリア

あさりの砂抜きは、
3%の塩水、新聞紙をかぶせるのがポイント。
後は、私の実感ですが、静かで暗い夜の方が
よく砂を吐く気がします。
寝る前に砂だしスタンバイしてみて下さい!
朝方、水管を出してくつろぎまくってるあさりを
見ることができるはず。

ボンゴレは、最後に加えるゆで汁が大事。
これでパサパサの焼きそばパスタになるか、
しっとりジューシーなパスタになるかが決まります。

パエリアは、あさりだけで
こんなにおいしかったんだ!と
あさりのうま味を最大限感じられる一品。
必ず最後に強火にしておこげを作るのもポイントです。

ちょこっと4月号、
あさりのレシピ、あさりにまつわるあれこれが
満載の内容です。

4月1日からコープさっぽろ各店舗で配布中。
お見逃しなく!

オントナ・エスニック

スキャン_20180329

道新の夕刊折り込み紙、オントナの連載。
4週目はエスニックです。

・ベトナム風厚揚げのトマト煮
・エスニック風なます

の2品をご紹介しました。

厚揚げのトマト煮は、
お料理教室では水切りした木綿豆腐でやりました。
その簡単バージョン。
麻婆豆腐に似てるけど、トマトが入ったエスニック味なので
多分未知の味わい、手軽でおいしいですよ。
なますは、ベトナム風サンドにはさんでもおいしい♪
常備菜としても活躍します。
ぜひお試しを!

次回のオントナは6月です。
どうぞお楽しみに♪

オントナ・中華!

スキャン_20180322

道新の夕刊折り込み紙、オントナの連載。
3週目は中華です。

・えびと菜の花の塩焼そば
・春キャベツと卵のさっぱりスープ

の2品をご紹介しました。

焼きそば、たまには塩味もいいですよ。
めんをレンジで温めておくのもポイントです。
えびと菜の花、春っぽい組み合わせですね。
スープは、春キャベツ、卵、コーン入り。
ぜひお試しを!

来週水曜日はエスニックです。お楽しみに♪

オントナ・かんてんぱぱ!

オントナ

道新の夕刊折り込み紙、オントナの連載。
2週目は、かんてんぱぱのタイアップです。

かんてんぱぱの糸寒天を使って2品

・和風ハンバーグ きのこおろしポン酢
・韓国風わかめスープ

をご紹介しました。

糸寒天、とっても使いやすくて、
みそ汁やスープの仕上げにいれるだけで
簡単に食物繊維をとれます。
かんてんぱぱの粉寒天も使いやすくて大好きです♪
和風ハンバーグは、さっぱりとした味わい。
糸寒天を練り込みました。
わかめスープは、わかめを炒めてからコクを出します。
ぜひお試しを!

来週水曜日は中華です。お楽しみに♪

オントナ・和食

スキャン_20180309 (2) 

今月1か月間、
道新の夕刊折り込み紙、オントナにて
毎週水曜日、料理の連載を担当します。
1週目は、和食。

・うどと牛肉のしぐれ煮ごはん
・かぶと水菜の梅ドレッシング

の2品をご紹介しました。

北海道ではうどと言えば、
5月頃山で採れる緑の山ウドですが、
白い軟化ウドはもう出回っています。
春を感じられる食材ですから、
一足早く混ぜごはんで楽しんでみては!
おにぎりにするのもおススメですよ。
ぜひお試しを!
次回は、来週水曜日です。お楽しみに♪

ここ2、3日で急激に気温があがり
雪が解け始めました。
今日は朝から雨。
久々のプラスの気温、うれしいけど道路がべちゃべちゃ。
き~んと冷えた歩きやすい道も恋しい・・。
明日は次男の卒園式。
まずは本日のグループレッスン、がんばります!

ちょこっと3月号

ちょこっと3月号

届きました!

3月号のテーマは「山わさび」
ホースラディッシュとも言いますが、
北海道は庭に植えている(勝手に生えている?)人も多く、
とっても身近な薬味です。

今回も私の担当は2つ。

1つ目は、
アサラーあーちゃん料理を習う!

30歳 

・ローストビーフ 山わさびソース
・ひらめとホタテの山わさびカルパッチョ
・いかと納豆、山わさび丼

の3品をご紹介。
ローストビーフはフライパンでお手軽に。
山わさびのソースがよく合います。
カルパッチョは一度塩でしめてからマリネするのがコツ。
一体感が生まれます。
どんぶりは間違いない組み合わせ。

3月号であーちゃんは卒業します!
たくさんお家でも復習したそうで、
どんどん料理上手になっている様子。
毎回、自分で縫ったシャツを着てきてくれて、それも楽しみでした。
ぜひバックナンバーであーちゃんのシャツに注目してみて下さい。
12か月分、全部あーちゃんの手作りですよ!
1年間、本当にお疲れ様でした。ありがとう。

2つ目は、北海道の伝統食を紹介するコーナー、
「伝えたい味・伝えたい心」

伝統食 

今回ご紹介するのは、お惣菜の定番「卯の花」
教わったのは小樽の惣菜屋のおばあちゃん。
小樽に来てからあちこちで、
「あそこの卯の花おいしいよ」と聞いた
大人気の味を教わりました。
80歳過ぎのおばあちゃんですが、
大鍋の卯の花を力強く混ぜていた姿が印象的でした。
働く人は元気、元気だから働く、
どっちが先が分かりませんが、
働くっていいな~と思いました。
「料理は心をこめて作ること。
ふくれて作ってもおいしくないもの。」
心に残った一言。
これからも忘れずに日々料理したいです。

3月1日より、
コープさっぽろ各店舗にて配布中。
山わさび好きのみなさま
お見逃しなく!

安平行ってきました!

追分駅

昨日は伝統食の取材で
安平町へ行ってきました!写真は追分駅。

取材している間にどんどん雪が積もり、
電車が止まったりしつつも
何とか無事帰ってこられました。
数年に一度の猛吹雪との予報で、
今日は市内の小学校は休みとなりました。
気温は高めなので重い雪。
ポルシェの駐車場もすっかり埋まって、
雪かき、久々に大変そう!

さて、昨日の取材では
手作り豆腐を習ってきました!

手作り豆腐

出来立てのまだあたたかい豆腐、
めちゃおいしかった♪
最初は塩で食べるのがおすすめとのこと。
確かに、しょうゆより
大豆の甘みやうまみがちゃんと分かるかも。
これからは、おいしい豆腐は塩で食べよう。
材料はシンプルですが、
しっかり固めるコツが満載でした。
早く作ってみたくてたまらない!!
長年、自分の家庭菜園でとれた大豆で
みそや豆腐を作ってこられたそうで、
そういうのってすごくいいな~と思いました。
丁寧に教えて下さってありがとうございます!
掲載は5月号です。お楽しみに♪
プロフィール

aikoromanju

Author:aikoromanju
こぐれあいこ

料理教室まめまめキッチン主宰
北海道小樽市在住
好きなこと:保存食作り

バックナンバー
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ